BONNO!

これを読んで誰かが元気になればいいなということを考えながら書いています。TECH系や資産運用についても書いていきます。

成長というのはいかに日々小さな成功体験を積み重ねるかである。

f:id:shonken:20180522224310j:plain

こんにちはshonken(shonken5)です。

自分が成長してるかって、なかなかわからないものですよね。

誰かに言われて気づいたり、新しいことに挑戦するときに気づいたり、

ほとんど第三者から言われない限り気づかないものです。

成長というのは日々、小さな成功体験を繰り返すことで、実感することが可能です。

何かをやるにしても、これを意識するだけで大きく変わります。

 

まずは一日を振り返る

毎日が忙しいと、中々振り返る時間も取れない思います。日報でもなんでもいいですが、落ち着いて一日を振り返る時間を取りましょう。

業務を4種類くらいに分ける

  1. 毎日やらなければいけないこと
  2. やっていて楽しいこと
  3. やっていて楽しくないこと
  4. やりたいけどできていないこと

自分がなにをやっているのかを可視化させることで、

無駄な作業や、ちょっとした隙間時間を見つけることが可能です。

また、改善すべき点や調子が良かったこともわかります。

 

もう少し分解する

f:id:shonken:20180522225222j:plain

先ほど4つに分類すると言いました。

それぞれをwhyで分解します。

なぜそれは毎日やらなければいけないのか?
→ノルマがあるから

なぜそれはやっていて楽しいのか
→興味があることだから

なぜそれはやっていてつまらないのか
→サービス自体に興味がないから

なぜやりたいことができていないのか
→時間がないから

 

そんなに多く深掘りする必要はありません。

これをやる目的は、小さな成功体験を見つけること、またできる余地がある所を見つけるためです。

whyで分解したものですぐに改善できるものを探す

え、そんなこと?って思うかもしれません。

成功体験ってそれくらい小さなものでいいんです。

起業して数億円の利益を出したとか、営業で大型案件を初めて獲得したなど

記憶に強く残る成功体験は中々出来ません。

だからこそ、小さな成功体験を積み重ねることが必要です。

ただやってるだけでは意味がない

しかしながら、改善点を出して実行したところで、それが成功体験として実感がわかなければ意味がありません。

意識すること以上に記録することが重要です。なぜなら、形として残り数字としての記録にもなるからです。

だから、冒頭で自分を振り返る時間を作りましょう。と述べました。

1週間記録を残した、これも成功体験です。

これらは、誰かに言われて気づくのではなく

自分が認識することに大きな意味があります。

意識は能力を伸ばす

f:id:shonken:20180522225301j:plain

何も考えずに筋トレするより、鍛える部位を意識しながらやる方が効果があるように

成功体験は意識して行うと成長を実感できます。

人間は単純なもので、ポジティブになるだけでやる気や作業速度が向上します。

小さな成功体験を意識しておくと、

昨日は◯◯ができるようになったから、今日は少し工夫してみよう

ちょっとずつ理解できてきているから、少し実践的なことに挑戦しよう

など、前向きな姿勢、つまりポジティブな思考に変わります。

これを1年間で考えると

365日毎日小さな成功体験をしたとしましょう。

単純に365回何か成功しているんです。

もし、意識せず過ごしていたらこんなことわかりません。

休暇を除いたとしても、通常の会社員の場合およそ240日あるわけです。

それでも240回何か成功しています。

これってかなりの自信にもなるし、成長というすごく曖昧な言葉も実体として認識することもできます。

 

成功体験を積み重ねる、そして意識すること。それは成長を加速させることにもつながるので、是非やってみてください。

 

ではでは。